前へ
次へ

投資用の不動産物件と出口戦略のタイミング

投資に関する専門用語の1つに、出口戦略があります。少々専門的な表現に聞こえるかもしれませんが、投資用

more

投資用の不動産を購入して資産形成を始めよう

投資が注目を集めている今、投資用の不動産を購入するサラリーマンの方やOLさんが増えていると言われてい

more

不動産投資を行う時には

不動産には様々な魅力があり、低金利でも高い収益を得ることを可能とします。賃貸マンション経営をすると、

more

狭い不動産物件でも工夫次第で投資のチャンス

安定した不動産収入を得るためには、広大な土地が必要だと思われがちですが、実際はそうではありません。特に近年では狭小住宅という不動産物件が流行っています。文字通りコンパクトな土地を上手く活用した一戸建て住宅の事です。東京都内は基本的に土地代が高く、都内でマイホームを持つのはなかなか厳しいのが実情です。しかし狭小住宅であれば、僅かなスペースを活用して、一戸建て住宅が建設出来ますので、20代から40代といった若い世代でも経済的に無理をせず、一戸建て住宅を持てます。一応都内に土地を持っているが、投資に使える程広くない、と悩んでいる方も今の時代であれば、良い活用方法が見つかる可能性大です。狭小住宅用のスペースとして借り手を募れば、大勢の若者が集まる事でしょう。ビルとビルの間にある僅かな空き地、オフィス街の一角にある僅かな空間でも、今なら投資資産として柔軟に活用できます。個人で借り手を探すのは難しいので、投資の専門家に相談したり、地元の不動産業に仲介を依頼しましょう。住宅地として応用するのが難しい土地の場合、駐車場として応用する道が残されています。駐車場は定番の投資方法であり、今も昔も安定した副収入が得られるやり方です。特に東京都内はマイカーを持つ人々の割合に対して、今でも駐車場が不足しています。さらに地方から都内へと観光やショッピング、商談などに訪れる人々は一昔前に比べて増加しています。空き地を駐車場に応用すれば、毎日大勢の利用者が期待できます。他の方法に比べて低リスクで低コストなのも、駐車場のメリットです。資産活用のの中には、政治情勢の影響を受けて急に利益が出なくなったり、経済事情を受けて得られる副収入が不安定になるものもあります。駐車場運営であれば、時代の悪影響を受けず、気候や季節の影響も受けづらいのが利点です。また昨今では空き地にソーラーパネルを設置し、いわゆる売電収入を得る方々も増えてきました。

家を買う時に必要なコト
神奈川で住宅ローンに強い住宅セレクションがお伝えいたします

住宅ローン 神奈川

Page Top