前へ
次へ

不動産投資における注意点

不動産投資には注意すべき点があります。 まず 空室リスクに注意しましょう。 退去後にほかの入居者が見い出せず空室期間が長くなると、その間は収入を手にすることができないため、赤字になることも想定されます。購入段階で場所が良く、ニーズが高そうな物件を選択したり、入居率に合わせて住居の家賃を微調整する、出来るとすれば管理会社をチェンジするなどの改善案をとることが必要です。 また、災害リスクも注意を要します。 不動産投資に関係する可能性としては、災害リスクを勘案することも大事になってきます。地震などの災害により建物にダメージが及んだとき、再建はとてつもない費用と労力が必要不可欠ですし、一部で損害が出てしまった場合でも修繕費が強いられ、修繕のための期間は家賃収入を得られません。こういう状態を阻止するためにも、保険に入ったり、耐震性が証明されている物件を選択したりなどして、ここ一番の場面で備えることが求められます。

Page Top