前へ
次へ

不動産投資を行う時には

不動産には様々な魅力があり、低金利でも高い収益を得ることを可能とします。賃貸マンション経営をすると、安定的な家賃収入が期待できます。家賃収入の安定化のためには入居率を考えます。入居率の変化は地域によって異なります。近くに大学や企業などがある場合は、大学や企業が移転すると入居率が急激に下がってしまうこともあります。不動産投資をする時は、場所ごとの入居率の変化の特徴を考えます。入居率は一般的に春先に大きく変化します。不動産を所有していると税金やコストがかかります。こうしたコストを上回る収益をいかに得るかが大切です。場所によっては土地価格が上昇することもあり、不動産の売却時にキャピタルゲインが得られることもあります。土地価格は上昇する場合もありますが、建物価格は落ちていきます。賃貸マンション経営をする際には、定期的に外壁塗装を行うのも大切です。外壁塗装は10年に1回くらい行います。投資を行う時は、様々なリスクやコストを考える必要があります。

Page Top